なぜ利用不可となる用途があるのか

キャッシングは多目的ローンですが、利用できない用途があります。
事業資金、他社借入金返済、ギャンブル、投資などです。
多目的なのにこれらの用途に使えない理由は、消費者金融の担当者によると、多目的だけど消費には属さないとのことです。
もともとキャッシングは消費を対象としたローンなので、消費行為には属さない用途に関しては借り入れできません。
とはいえ、ほとんどの業者は用途について具体的に聞いてきたことはないので、あまり心配する必要はないでしょう。
例えば、引越し資金として活用することも可能です。
急な転勤・引越しでは予想外のお金がかかるでしょう。
半分は会社持ち、残りの半分は自分持ちというケースもありますし、全額自分持ちにされる会社もあるのです。
こうした予測できない出費にも対応できるローンがキャッシングであり、かなり低金利で借りられるという利点があります。
昔は決して低金利とは言えませんでしたが、今は銀行融資並みの低金利となっており、年利10%未満で借りている方も実際にいます。
かつては30%に達するほど高金利だったことを考えると、まったく別の融資と言えるほど低金利になりました。
今まで利用したことのない方も、契約するチャンスでしょう。

>